« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月

牛さんとレラ。

ここは札幌市中央区です。

なのに目の前の 住所的には北区にあたる農地では牛さんたちtaurusがまったり寛いでいらっしゃいます。 間近で観るとかなりの迫力です。

Dscf1666_2

Dscf1660

一面眩しいくらいに広がっていた雪が溶けて緑が出てきてから、こののどかな風景がこの地区の日常になりましたclover

レラ桑園は石山通を挟んで向かい側に広大な北大農園がある、とっても 北海道はデッカイドー!!rockなきもちを感じられる場所にあるのです。

ポプラ並木もすぐそばですclover

北大の構内とかも木々がいっぱいでこれからいい季節なんでしょうね~。 今日はとっても暑かったですしね~。

札幌暮らし(一人暮らし、とも言う)が 長いわりにやっぱり基本的に田舎体質が抜け切れず、というか抜く必要もないと開き直っているわたしには この景色は私の心のオアシスshineとなりつつあります。

ちなみにこの景色をみることができるのはDタイプ、2LDKのお部屋です。お客様をご案内すると、遠くを見渡せるこの景色に感激shineされる方が多いです。この景色に絶対他の建物は建たないというのも魅力です。

牛たちの世界も 3~4世帯に分かれていてそれぞれの世帯ごとに行動しているそうですtaurus

また、先日は北大の教授らしい方が学生たちを連れて牛たちにご挨拶をしていたらしいです。そして牛たちから挨拶代わりか、チューkissmarkのようなものがありました。

って入居者様が教えて下さいました。

上階からみるとそれら人間模様というか牛模様がいろいろ見えてくるそうです。そして ここではペットは飼えないので 彼ら牛さんたちをペットのように毎日見ることが幸せhappy01なのだそうです。

そんなエピソードを入居者様が教えてくれたり なんでもない日常の会話をさせてもらえるだけで 皆さんここの新しい生活をそれぞれのペースでゆっくりと楽しまれているのだなぁ、って感じられて そうすると私の気持ちも不思議とリセットflair出来るような気がしますhappy01

入居者様方の経験からしたら 私がいっぱいいっぱいになってるようなことなんて きっとものすごくちっちゃなことなんだろなeye。っても思うし。

まだまだ修行が足りませぬ。

いっぱいいっぱいになったら牛を見ようflair

そして誰かをつかまえて会話しようshine

と 公的ブログで勝手に改心宣言してしまうぐらい 図々しい新人ケアマネ、レラっちです。

末永くどうぞ宜しくお願いしますnote

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »